頭皮トラブルを起こしにくくする湯シャンのやり方

朝疲れが取れないなら

ベッド

寝具の見直しを

朝起きても、疲れが取れていない方や、腰が痛くなる方は多いです。敷布団が、柔らかすぎても、硬すぎても体には負担になります。体の一部が常に圧迫され、何度も寝返りを打って、眠りが浅くなることもあります。体にかかる圧力、体圧を分散することで、良質な睡眠が得られます。モットンという腰痛対策マットレスをご存知でしょうか。最適な硬さのマットレスで、体にかかる負担を軽減するため、腰痛などの症状の改善が期待できます。これまでにも海外製のマットレスで、体圧を分散させるタイプのものはありますが、体格の違いから、日本人に合わないものもあります。モットンは、日本人の体格や、日本の気候に合わせて開発されていて、湿度やダニにも強い素材でてきています。

優れた機能性と耐久性

品質の良いものであっても、マットレスがすぐにへたってしまっては意味がありません。モットンはウレタンフォームでてきていますが、耐久性にも優れています。通常、敷布団の寿命は5年とされていますが、モットンはそのおよそ3倍も耐久性があるとされています。長く使えるので、コストパフォーマンスも悪くありません。また、硬さが3段階に別れていて、好みのタイプを選ぶことができます。実際には寝てみないと、合うかどうかわかりませんが、モットンには返品保証期間がもうけられています。肩こりや腰痛で悩んでいる方、マッサージなどでも改善されない方は、一度寝具の見直しを検討されるのも一つの方法です。人生の三分の一は睡眠時間です。睡眠の質を向上させることで、体調も改善されるかもしれません。